CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

今日は、地震とか関係ないかもしれないけど

f:id:gemini-yahata:20170613155401j:plain

なんとなく思い出したんだよね。

 

あの日からしばらくは、関西にいる僕も、てんやわんやの日々だった。

当然、現地の人たちはとんでもないことになっていたはずだ。

 

 

被災地とはいっても、少し離れた場所に友人一家が住んでいた。

ひどく被害を受けた土地ではなかった。

 

しばらくたって、そのの友人に連絡した。
直後は電話どころじゃないだろう、と遠慮していたんだ。

電話に出た彼は

「暗い話題ばかりらしいので、バカ話ができる電話は嬉しいよ」

と言ってくれた。


彼らはクリスチャンなので、

「こういう時って、祈るもんじゃないの?」と言ったら、

「そりゃあ無力よ、それは。祈ってるヒマないんだよね」

と笑っていた。

少しだけ話しをして、電話を切る時、

彼は「おやすみなさい」と言った。

時計をみたらまだ6時半だった。

 

彼らはもう眠るのだ。

明日も日の出とともに、多くのことをこなすのだ。

電気も何もなければ、春の6時半は眠る時間なのだ。

ボクは「ああ、おやすみ」と言った。

その後、自分が震えていることに気づいた。

暗闇で夜を越す、彼と彼の家族を思った。
それが、被害の少ないと言われる地域の、その時の生活だった。


できるなら、ゆっくり眠ってくれ。

ただただ君に、おやすみなさい。

 

そう思いながら、僕は少しだけ何かに祈った。

なにに祈ったのかは分からない。

ただ祈った。

 

梅雨なのに、晴れて乾いた空気の中で、

なぜだかわからないけれど、思い出したことでした。