CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

結婚とは何か? その7

 

f:id:gemini-yahata:20170609142918j:plain

ジューンブライドの6月ですね。

 

今日の神戸は素晴らしいお天気。

そうですね、こういう日に結婚式やるのはいいでしょうねえ。

まさしく「六月の花嫁」にふさわしい、日差しと気温です。

 

ではそんな中、前回からの続きをやってみましょう。

もちろん、今日も「考える」ことに特化して、

善悪是非は問いません!

 

ここ、お間違えの無いように。。

そうでないと、暗い話になりますものねえ。

 

「愛」と「結婚」は矛盾はしないけれども、異なる概念だということ。

このお話でしたねえ。

 

一体いつごろからなんでしょうねえ、

我が国で愛とか言い出したのは。

ちょっと歴史に詳しい方であれば、

直江兼続が「愛」と書いた兜を被っていたじゃないか!

とか言いたくなるんでしょうねえ。

 

甘いです。

あの時代の「愛」という言葉は、

LOVEとは全く関係ありません。

現代語に訳すと「エロエロ!」ぐらいで正しいですね。

戦国時代の武将ってのは、

いかにとんでもないことを装飾するかに、競ってたわけです。

大河ドラマを信じちゃいけません。

カッコイイじゃないですか、「エロエロ!」と書いた兜で戦うってのも。

これこそロマンですね。

 

じゃあ、日本では誰かを大事に思いやる、熱い気持ちはなかったの?

となるわけですが、

もちろんありました。

その感覚は、「想う」「慕う」ですし、

継続的な感覚では「情」でしょうね。

 

この「情」がさらに厄介です。

なにせ、

ともに時間を過ごすうちに、何となく芽生える複雑な心境

なわけです。

 

ではなぜ今、「愛情」と使われるんでしょうね。

これは、明治の時代に、キリスト教が入ってきてからのお話なんですね。

汝の隣人を愛せよ、とかって話なんですね。

 

おっと、戦国時代にもキリスト教はあったじゃないか!

と思うあなたは甘いです。

あの時代、「love」は「御慈しみ」とい単語で訳されてたのです。

実際は、loveじゃなくて、ラテン語スペイン語でしょうけれど。

いいセンスしてますね、当時の才人たちは。

 

「汝の隣人を御慈しみたまえ」

 

かっこいいですねえ。

 

英語で言うところの「LOVE」を訳すにあたって、

二葉亭四迷とか夏目漱石が大いに悩んだのももっともです。

なぜなら、あれってキリスト教文化圏の話ですから、

神との「契約」の話なんです

 

「あんたを最高として認める」

「よっしゃ、守ったるわ」

 

こういう契約です。決して無償ではないのです。

この無償ではない感覚が「愛」なのです。

 

ちょっと見えてきましたね。

ですので、結婚という「契約」とは矛盾しないのです。

 

でもね、ここで経済的なことは一切関係ないので、

そこが否応なしに絡む「婚姻」とは異なるわけです。

前にもお話しましたが、婚姻は「家」という会社をグループ化して強くすることです。

ところが、それだけではどうにもナマ臭いので、

「結婚」という概念を産んだのですね。

神様に誓うということで。

 

でもね、ここでこの神様は日本の神様じゃないんですよ。

日本の神様は、言葉で言わなくてもいいじゃないですか。

初詣で手を合わせる時、ブツブツ言ってる人いないでしょ?

でもねえ、一神教の世界では、ちゃんと言質をとられるわけです。

 

「あんたを最高として認めるわ。そのあんたに誓うわ、私この人と夫婦やりますわ」

「よっしゃ、ちゃんと聞いたで、認めたるわ」

 

あんまり相手のこと関係なくないですか?

そう、実は関係ないんです。

ここがポイントですね。

相手には誓わないんです!

なんか、どんどん、それでいいんですか?的な話でしょ?

 

こうなってくると、

どうも相手がどういう人だろうと関係なく、

神様に言ったからできるだけ守る、ってことになります。

 

ですので、理屈上は、

相手が同性だろうと関係ないわけです。

相手も神様に言質をとられていいなら、

ということになります。

 

こんないっちゃってる感覚に、

識字率の高かった明治の日本人がついていくわけもなく、

ウヤムヤになって現在の結婚があるわけです。

 

いやあ、何と申しましょうか、

なんか釈然としませんが、

まあそういうことみたいです。

7回も続けて書いてきたので、

わたしもちょっとうんざりしてきました。

機会があれば、またそのうち書こうと思います。

 

ジューンブライドに幸あれ、と素直に思いながら、一旦終わります。

 

ふう、やれやれ。。

 

 

ことの終わり [DVD]

ことの終わり [DVD]