CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

おひまなときに

むしばむもの。

最近、私はよく 「今日もどこかでデビルマン」を 口ずさんでいます。 何ででしょうか。 残るんですね、あれ。 あれ、いい歌ですよね。 調べてみて分かったんですが、 この歌は、作詞 阿久悠 作曲 都倉俊一なんですね。 アニメの歌に、 当時の第一線の作家が…

アーネスト・サトウを知ってるかい? その7 モダニズムの哀しい世界

これまで話してきた内容は、 アーネストの弟子である森村泰昌氏の、 解説によるところがほとんであります。 chuff.hatenablog.com 多少、私の話も書きましたけれど、 基本的には直弟子である森村氏による、 お話しです。 さて、他の人はどう思っていたのでし…

ベスパ、ベスパ、ベスパ!

みなさんも、ご存知ですよね。 イタリヤが産んだ、スクーター。 美しいヒップラインの、あのベスパを。 最近は、とんでもない金額のも出ていますね。 最新のベスパはこれみたいです。 www.scs-tokyo.co.jp お値段、129万8千円。。 いやあ、冗談きついで…

サザエさんには何が刺さる?

日本は言霊の国ですから、 当然相手への呼称敬称は とても重要です。 なにせ、言葉一つ一つに、 霊性を感じるわけですから。 「さん」 「様」 「殿」 「ちゃん」 「君」 様々に。

世界のどこかで その3

これは決まってますね。 この女性、完璧なライディングです。 完全にフロントから荷重が抜け、 上半身を背筋で支えて、 リヤに美しく駆動力を与えています。 こういうライディングは、 できない人がほとんどです。 私、時々海外のサイトを流浪して、 カッコ…

アーネスト・サトウを知ってるかい? その6 全てに理由があらねばならない!

前回、「反復するイメージ」について書きました。 みなさん、ついてこれていますか? あのあたりが、一つの壁です。 chuff.hatenablog.com このあと、芸術新潮では、 現像の話になってゆくんですが、 富士フィルムさえ、白黒フィルムの製造中止を発表しまし…

アーネスト・サトウを知ってるかい? その5 ものを見る目を鍛える

前回「ものそのもの」を 撮るということを、お話しました。 そのためのツインイメージの話とか。 chuff.hatenablog.com 今回もその続きです。 では、どうやったらそれを できるようになるのでしょう?

アーネスト・サトウを知ってるかい? その4「ものそのもの」を撮れ!

ながながと、アーネストの出会いや、 なんとか作品集を手にいれた 経緯を書いてきました。 chuff.hatenablog.com よろしければ順に。 さて、今回はアーネストの直弟子の、 森村泰昌氏の解説で、アーネストの写真論を ザクッとご紹介しましょう。

アーネスト・サトウを知ってるかい? その3 叩け!ならば開かれん!

どうしてもアーネストの写真集を欲しくて、 こともあろうに、俵屋旅館に突撃した前回。 chuff.hatenablog.com 今はそんなことしなくても、 普通に手に入るようになってます。 いい時代ですね。 Y.アーネスト・サトウ写真集 作者: Y.アーネストサトウ,高階秀…

アーネスト・サトウを知ってるかい? その2 まさかの俵屋旅館

1999年に、初めてアーネスト・サトウを 知った私。 chuff.hatenablog.com 森村泰昌氏の解説も、 あまりに明確過ぎて、目まいがしました。 さて、ところで、どんな人だったんでしょう? まずは、その人となりから。 俵屋旅館の 婿旦那だったんですよ!

アーネスト・サトウを知ってるかい? その1 出会い

私がY.アーネスト・サトウを知ったのは、 芸術新潮のこの特集でした。 芸術新潮 1999年 06月号 [特集 カメラ好き集まれ!] 作者: 新潮社 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1999 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る もう、20年前のことになるんです…

香雪美術館再訪 満ち足りた華

神戸御影にある、香雪美術館。 美しいものを見ることにしました。 以前にも来ております。 chuff.hatenablog.com この時は、命をやり取りする、 戦国の茶の世界に圧倒されましたねえ。 今回は、ズバリ「鎧と刀」。 いやあ、楽しみです。

これは傑作!映画はなんと素晴らしい!

「マイ・ファニー・レディ」をご存知でしょうか? もちろん、「マイ・フェア・レディ」をもじった題名で、 これは配給会社の名訳! 原題は She is Funny That Way ! そして主人公は、「イザベラ」だから、 マイ・フェア・レディのオードリと同じ。 あれ、も…

ためになる雑誌に、久しぶりに出会う。

みなさんは、雑誌とか買われます? 私は買わないですねえ。 ある時に突然つまらんくなったんですね。 あの現象は何だったんでしょう。 今、本屋で雑誌を見ると、案外高価でしょ? 読んでみると、たいがいはありきたりで、 提灯記事か、丸投げライターの文章…

ドアーズは深すぎると思うよ!

来ましたねえ。 やっときましたねえ。 今回、横綱クラスが一気に並びます。 いきなり読んだり聴いたりせずに、 アップした方がいいと思います。 アップ一覧はこちら。 ドアーズはいいと思うよ! ドアーズは聴かせるよ! ドアーズのハードコアへようこそ! さ…

ドアーズのハードコアへようこそ!

前回、前々回とお読みいただけている方には、 そろそろコアの部分に、分け入って頂きます。 初めての方は、できれば前のを読んでいただけたら、 あまり我慢せずに済むかもしれません。 こちら、アップ系。 こちら、スロー系。 今回は、コア系です。 あまりま…

ドアーズは聴かせるよ!

あまりにも思い入れが強いため、 まあ、見事にまとまりのない前回でした。 chuff.hatenablog.com 多分、今回も同じく まとまりないでしょうねえ。。 マイナーどころを攻めておこうと思います。 今回は、スローというか、 これは聴かせる!系ですね。 ではさ…

ドアーズはいいと思うよ!

レナード・コーエンの話が好評だったので、 その流れから、ついつい。。 chuff.hatenablog.com ドアーズについても 書くことにしました。 でもね、私は、思い入れが強すぎるので、 変な文章になるかもしれませんねえ。 ですので、数回に分けたいと思います。…

見つけた、何を、天才を!

私には、天才と出会う運があるようです。 比較的、もうこれは天才と言う人と、 何人かは出会いました。 そして、また、 まさかの偶然で見つけました。 出会いと言うより、一方的に片思いですね。 この方です。はなださんと言われるようです。 hanaaaaaa.hate…

今だからアラン・ドロンを語ろうよ!

もうすっかり過去の人ですよね。 それは重々分かっています。 私もね、若いころは 「ただの男前なだけだろ?」 とか。 「フランスならイブ・モンタンだろ」 とか。 ほざいておりましたよ。 分かってなかったんですねえ。 男前、二枚目、ってのは、 理解する…

レナード・コーエンは聴くべきだ、と思うよ!

この御仁、ご存知ですか? 今やノーベル賞のボブ・ディランと、 肩を並べられる 唯一の存在だったんじゃないでしょうか。 日本ではあまり メジャーではないかもしれませんね。 でもね、いいですよ。 四の五の言わず、聞くべきです。 まあ、あまり春には似合…

キャッシュだよ!もちろんジョニー・キャッシュだよ!

この、どこからみてもワルな男。 みなさんご存知ですか? 彼の名は、ジョニー・キャッシュ。 全盛期のジョニーはこちらで。 www.youtube.com 彼の場合、なんちゃってなワルではありません。 相当肝っ玉座ったワルというか、 破綻者というか。 私、大好きなん…

李香蘭 モノホンの迫力

先日、ショウビズの非情さを こちらでご紹介しました。 chuff.hatenablog.com でもね、海外の話だから、 今一つピンと来ないかもしれませんね。 そこで、今回は参議院議員でもあった、 山口淑子、またの名を李香蘭の自伝を ご紹介します。

オール・ザット・ジャズ 大人なら観ておこう!

#Me Too でいろいろ騒がれたわけですが、 女優さんにも、もちろん言い分があるでしょう。 ひどい関係者もいるんでしょう。 ただね、ショービズの世界を、 まさか「倫理」とか「道徳」とか、 まかり通る世界だと思って入ったんでしょうか? 一時期、私も片足…

高野秀行けっこうヤバいよね。

週間文春とかにも連載しているし、 一種のベストセラー作家だと思いますよ。 でもね、この人相当ヤバいよね。 一般人が読むのは けっこう危険じゃないかしら。 いろいろ勘違いの悲劇もありそうな。 これは、私の海外経験から そう思うんですね。 すっごく面…

ライカに痺れる!距離計だからとて、、

ライカをご存じであろうか? カメラ好き以外の人に、 どれほどの知名度なのか、 今ひとつわからない。 しかし、とんでもないことも 起きているようですね。 www.afpbb.com なんか、いろいろわかんない。 でも今日は、カメラじゃないライカに、 痺れてみます。

エマニエル夫人の音楽がすごい!

なぜかエマニエル夫人に縁があります。 この映画をきっかけに、 実は壮大な社会変化の解明が起きるかも、 とか真剣考えてるわけです。 chuff.hatenablog.com ないとは思いますけどね。 今回驚いたのは、あの印象的な音楽。 あれ、フランスの全国力でやったと…

トミー・エマニュエルを知ってるかい?

知っている人は、とことん聞いていて、 知らない人は、一生触れることもない。 そういう偉人っているわけで。 今回ご紹介するのは、 今、生きているギタリストでは、 確実にトップ10人に入るだろう、 トミー・エマニュエルです。 ではさっそく。

居間って、宗教と関係あったのね。

普通にあるでしょ、「居間」。 リビングルームですよ。 まあ、写真みたいな小洒落た世界は、 そうそうありませんけど、 コタツの居間って、普通じゃないですか? でもね、そうでもないんですよ。 あれもね、深〜い背景があったんですねえ。 ある時偶然知った…

Aラインの女 チャフが試される時

このブログでは、世のあらゆるものを できるだけ肯定しようとしております。 清濁併せ呑むのではなく、 まず清濁言わない。 これを目指しているのでございます。 chuff.hatenablog.com ところが、それに挑戦する事象が、 身近で起きたのです。 チャフが問わ…